世界遺産でもある屋久島を堪能してきました

ダイビングスポットとしては日本では沖縄が有名ですが、比較的温暖な気候である九州地方なども良いスポットが多いんですね。昨年自分が行ってきたのはユネスコ世界遺産にも認定されている屋久島なのですが、やはり夏場だと非常に海が綺麗なのでとてもいい体験をすることができました。

実際に沖縄は亜熱帯なのですが、屋久島は亜熱帯と熱帯が合わさったような気候となっており、どちらも違う海を堪能できるのも魅力的ですね。最近はダイビングもカジュアルになりライセンスを持った人でも、初めての人でも気軽にダイビング体験ができるようになっており、自分も初心者ながらも屋久島の大自然を楽しみました。熱帯魚も沢山泳いでおり、アオウミガメなども今回は寄ってきたこともあり癒やされる体験をしました。屋久島の名前は有名で知ってはいたのですが、今回紹介されたスポットはゼロ戦という名前であり、大戦時代の戦闘機の残骸が漁礁として残っていることは非常に面白いなと感じました。しかしこの戦闘機自体はゼロ戦ではないことには笑いましたが、それでも歴史のある機械が平和的な漁礁になっている風景を見ると、平和のありがたさや自然の流転を感じました。ツムブリやアザハタなど色々な魚が活発に泳いでいるのも見れましたし、屋久島自体の自然も豊かなので、ダイビングだけではなく色々な自然遺産を体感できました。

比較的夏真っ盛りの時期に行ったのですが、ツアーなどもあまり混雑をしていなかったのは良かったですね。やはりどうしても近場に沖縄があることもあり、人気という点では向こうの方があるのでしょう。その分ツアー料金やホテル代などもかなり割安感がありましたし、一人旅としては満足の行くダイビングとなりました。海での写真などもレクチャーをしてもらい、色々と綺麗なものが取れましたし、最近ではSNS映えなども一緒に堪能するお客さんも増えているそうです。やはり世界遺産という名前通りのダイビングスポットであり、それ以外にも色々な自然を体験できたので屋久島はまた行きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です